デコ巻きずしのコツ:巻きす②

[デコ巻きずしのコツ:巻きす]

こんにちは。
狛江市のデコ巻き寿司教室 Coofaのとことこです。

ちょっとしたコツで
おいしく、かわいく、きれいに
巻きずしを完成することができます。

巻きずしのコツ、2回目。
前回は巻きすの裏表について書きました。
今日も巻きすの使い方です。

巻きすにのりを置く時のポイント。

竹でできた巻きすの場合、
糸で編んでありますので、
端に結び目がありますよね??

巻きすを縦に置いて巻く場合、
その結び目は巻く時に一緒に巻いてしまわないように
向こう側に置きましょう。

ただ、レッスンでお持ちくださった巻きすの中には、
両側に結び目があるものもありました。
その場合は、どちら側でもいいのですが、
巻きながら、一緒に糸を巻きこんでしまわないように注意しましょうね。

前回もご紹介した、私も愛用のデコ巻きす。
3色あって、どの色もステキなカラーです。
54005_3.jpg
これも置き方はどちらが手前でも大丈夫です。

そうそう、巻きすを縦に置く=まきすのラインが横
横に置く=巻きすのラインが縦です。

ですから、画像はどの向きに置いてあるかというと~
横になっていますね~。


さて、巻きすにのりをのせましょう。

巻きすにのりを置く時には、
巻きすの手前(端)にのりの端をそろえます。
(これはポイントですよ~。)

作業中にはのりが湿気てしまいますので、
巻きすを濡らしてしまわないように注意しましょうね。

コツって小さなことですが、
しっかり覚えることでよりきれいに
巻くことができますよ。




募集中の巻きずしレッスン:
季節のデコ巻きずしレッスン 詳しくはこちら

お申込はこちら



お問合わせ




スポンサーサイト
趣味ぶろ 教室ブログランキング
カテゴリー: デコ巻きずしのコツ | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント